マカ

マカ
アンデスのマカ

アンデスの高地35004500メートルを原産地とするアブラナ科の多年性植物で学名は Lepidium meyenii です

マカはインカ帝国の時代から2000年にもおよび耕作されてきました

インカの人々にとってマカは必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、不飽和脂肪酸などを豊富に含む重要な栄養源だっただけでなく各種ステロールに富み、アルカロイド、タンニン、サポニンを含む医薬品としての価値を持っていました。特に自然環境の厳しいアンデスの高地の人々や家畜の生殖障害に対し絶大な効果を示しました。現在ペルーでは疲労回復、精力強化、性障害の治療、月経不順、閉経及び倦怠感など女性ホルモン不調時の改善、免疫強化などに民間伝承薬として用いられています。

マカは非常にユニークな特性を持ちます。

その効能や作用は解明の途上であるが多くの働きが一つとなっている様子は朝鮮人参と同じかそれ以上である。そのためアンデス人参と呼ばれることもあります。

報告ではマカの成分及びその代謝産物のいくつかが下垂体を刺激する作用をもち、その結果その他の内分泌腺の活動を支配すると考えられています。

例えば生殖腺(卵巣あるいは睾丸によるホルモン、エストロゲンとテストステロンの分泌)あるいは副腎腺(コルチゾンとアドレナリン)などの内分泌腺です。

SEXミネラル亜鉛とマカを多く含んだ威龍シリーズマカ威龍

威龍エージェンシーが取り扱っておりります。

 

 

 

マカ威龍

マカ威龍
マカ威龍

この商品はセックスを活発にする体作りを基本コンセプトとしています。 

まず3種の胆や三七人参などで体作りのベースとなる肝機能・腎機能を高めます。

それにより勃起力を強くします。また蜂の子のアミノ酸や亜鉛などのミネラルを補充することで精子の産生を活発にします。そこにマカの成分及びその代謝産物のいくつかが下垂体を刺激する作用により生殖腺(卵巣あるいは睾丸によるホルモンエストロゲンとテストステロンの分泌)あるいは副腎腺(コルチゾンとアドレナリン)などの内分泌腺を活発化させて精力・性欲を強くします。  この商品はセックスを活発にする体作りを基本コンセプトとしています。