勃起力低下の理由

なぜ衰えてしまう? 勃起力低下の理由と改善させる方法

 

男性の皆様!今日も元気よく朝勃ちしましたか?!

 

男性は加齢によって円熟し大人の色気であったり渋みも増していきますが、「まだまだ若いモンには負けん!」と心では思ってはいても老いには勝てない部分も。それがペニスの勃起事情。

 

勃起力、すなわち勃起の頻度・勃起時の硬さ・勃起を維持できる時間は加齢とともに徐々に衰えていきます。一般的に20歳頃にピークを迎えそこから低下が始まります。多くの人は30代後半になると「最近なんだかタチが悪くなってきたな」と感じるようになるそう

 

2回以上続けてできるのが二十代。三十代になると2回目が難しくなる気がしてます。 ()

射精しなくてもいいかなと思う日が増えてきた ()

35歳がピークだったかな。痛い程、勃起したのは。 ()

いざ鎌倉息子が言うことを聞かぬ悲しさ。中折れし成就できぬ悲しさや如何に ()

 

そして加齢だけではなくほかにも様々な要因が重なって勃起力の低下ひいては勃起不全(ED)へと繋がってしまう。

パートナーが勃起しないことは女性にとっても悲しいこと。

 

本能的に魅力的だと感じてもらえているんだってわかるから勃起してくれると嬉しい ()

タチが悪いのは、顔が良くてもなえる ()

萎えてごめんね、って言うのやめてほしい。 ()

嫁から2発目を連続でせがまれるが、それはできない(勃たない) ()

 

いざという時、パートナーを悲しませないためにも、勃起力低下を食い止め、改善する術を知り、勃起力アップを図りましょう!

 

勃起力の衰えを感じたことがある人の割合は勃起力の衰えを感じたことがあるという人はどのくらいいるのでしょうか。 アンケートの結果、男性の場合全体の7割の方が「衰えを感じたことがある」と答えました。また女性にパートナーの勃起力について伺ったところ、こちらも6割以上の方が衰えを感じているという結果に。

勃起力低下を感じている方を年代別にみていくと男女ともに40代が最も多く

次いで30代と50代という結果でした(女性の場合はパートナーの年代)。

もちろん老いても衰え知らず生涯現役という方はいます。

 

40代の今でもオナニーでもセックスでも最低2回は出さないと気持ちがスッキリしません。かつては1日にオナニーを10回以上やったこともありました。 ()

朝立ちが酷く上に剃りあがるからトイレで小をする時に大変なのです。下に向けると尿管にストレスがかかって尿がでない。かといって上に向けたままでは大変な事態になることは明白。前かがみになって壁に手をついて竿を尿管が閉じないギリギリまで下に向けてチロチロとするしかできない。その姿が非常に情けないんですw。 ()

私はあまりに持続力があるので長時間やったために大体女性が翌日筋肉痛だと言ってきます。でもそれが嬉しいらしいです(笑)私も少しは筋肉痛になりますが日ごろスポーツをしていますので大したことはないです ()

硬さがいつも驚かれるくらい硬くて大きめなので勃起したら隠せません。硬さがあるからなのかはわかりませんが一度満員電車で尻を押し付けてきてイッてた(途中でピクピクしてた)女性がいました。 ()

 

以前より元気がなくなったと感じている人たちの方が多いというのが現状。

 

20代は連続で射精できたり朝まで7回は射精できたが40代に入ると衰えが始まった。 ()

朝立ちがなくなると少しショックですよね笑 ()

最近は前戯の時にはギンギンだかいざ本番は中折れ ()

人生で1番好きな相手に出逢えたのにあまり勃たなくて困っています。 ()

勃起してコンドームを装着するときには萎えてしまう。 ()

エッチの最中いった後に次の再勃起までの時間が長くなった。昔は数分と待たずに再開が今は30分ぐらいは休憩を入れる始末。老いたなぁ。 ()

 

勃起力低下なぜ起こる?

なぜ勃起力は衰えていくのでしょう。

それには加齢はもちろん、偏った食生活・運動不足・睡眠不足など不摂生な生活習慣、ストレス、喫煙、飲酒など様々な要因があります。

 

食事が大分影響するなあ。 ()

仕事ばかりしていて心身ともに、特に精神的に相当疲れる状態が続くと大きさに影響しますね。妻に一回り小さくなったと言われた時はショックでしたね ()

 

これらの要因が重なり合うことで、男性ホルモン(テストステロン)の減少や動脈硬化などがおこります。

テストステロンはほとんどが睾丸で作られているのですが、これが減少することで性欲減退、勃起力低下などの性機能障害がおこり、最悪の場合勃起不全(ED)に陥ってしまうのです。

また、勃起というのは簡単にいうと性的興奮によりペニスに大量の血液が流れ込むことで起こるものなのですが、動脈硬化により血流が悪くなることで勃起するのに十分な血液がペニスに行かなくなってしまうのです。

 

EDになってしまう要因は、ほかにも精神的なトラウマなどで引き起こされるケースや、うつ病や高血圧など服用している薬の副作用として起こるケースもあります。

 

やはり血の巡りが勃起に影響するのか降圧剤を飲み始めたら悪くなりました ()

 

また、完全に勃起しない状態で射精するようなことが常態化しているなど日常のオナニーの仕方が悪い場合も勃起力低下につながるので注意しましょう。

 

ドライオーガスムを得る様になってから加速度を増して勃起力がおちた。 ()

最近は女性に見られながらオナニーをしていますがふにゃちんのままいくようになりました。 ()

 

では勃起力の向上や改善する方法にはどんなものがあるのでしょうか。

その具体的な方法についてみていきます。

 

筋トレで勃起力向上・改善しよう!

 

「勃起力向上には下半身の筋トレがいいらしい」 そう耳にしたことはありませんか?

筋トレは勃起力向上・改善に効果があるのはもちろん、勃起時のペニス増大効果も見込めるのでチントレとしてもやってみる価値は十二分にあります。

 

筋トレ!腰周りの筋肉を鍛えると勃起力が高まると聞きます。 ()

下半身強化をはかる ()

PC筋を鍛える ()

筋トレ、足腰のトレーニングをメインにする ()

やはり筋力低下が原因の一つだと思います。スポーツトレーナーをしているので。スクワット、ジョギングなどで太ももの筋力アップを心がけています ()

 

全身まんべんなく鍛えるのが一番いいのはもちろんなんですが、こと勃起力に限っていえば特に鍛えるべき箇所はペニスの周囲にある筋肉。骨盤底筋、大臀筋、大腿四頭筋、大腿二頭筋、そして腹直筋など。

骨盤底筋は、英語表記の頭文字をとって『PC筋』とよく略され、陰嚢の付け根辺りから尾てい骨まで伸びている筋肉。大臀筋はお尻の筋肉で、大腿四頭筋は太ももの表側の筋肉、大腿二頭筋はハムストリングスとも言われる太ももの裏側の筋肉。腹直筋は腹筋と略されますが、特に腹直筋下部の強化が重要。

これらの筋力が落ちることで、勃起力低下に繋がります。ペニスへの血流をよくしてくれたり(ペニスへ流れ込む血が増えるほど硬くなる)、送り込んだ血を留めておく役割を果たしてくれる(勃起維持につながる)のがこれらの筋肉なのですね。また、筋肉をつけることでテストステロンが増えるため、勃起力にいい影響を及ぼすわけです。

効果的なトレーニング法は肛門締め、フルスクワット、ワイドスクワット、ヒップスラスト、レッグレイズなど。

 

腹筋とスクワットで硬くなり、感度も上がりました ()

スクワットを毎日50回と階段一段抜かし登る事。 ()

ワイドスクワットが効く ()

しみケンのうんこ座りスクワットの実践 ()

お尻の穴を締める、緩める。これを10秒おきに10回行う。これで改善しましたよ。時間は要するがこれでコンニャクの煮つまった固さまでなります。 ()

ヒップスラストで勃起時の硬さ向上します! ()

背筋を鍛える。毎日20回程度を一週間続ければ、かなり改善間違いなし。 ()

 

加えてランニングやジョギングなど適度に運動をし体力作りに励むこともとても大事

生活習慣を見直し健康的な生活を送ることがひいては勃起力改善にもつながるのです。

 

とにかく運動と食生活の見直し。結局は健康的な生活が一番 ()

運動と規則正しい生活 ()

健康でいることでしょうね、血行の良くなる生活がいいと思います、活力ですね ()

体力をつければ勃起も衰えない。 ()

食事運動睡眠が真理だと思います。特に運動は有酸素運動と無酸素運動の両輪が必要かと。 ()

体調が優れない時以外はしっかり食べることと、質の良い睡眠を取ること。生活リズムの乱れは性欲減少に繋がります。あと、1日5分でいいので外に出て日光を浴びること。 ()

 

勃起力と密接な関係にある骨盤底筋ですが、座りっぱなしの姿勢がよくない影響を及ぼすといいます。特にデスクワークの方やテレワークで家にいて一日中ほぼ座りっぱなしという方はEDのリスクが高いといえるので、意識的に筋トレや運動を日々の生活に取り入れるよう心がけましょう。

 

この半年で一気に衰えました。テレワークが悪い(笑) ()

相手が居ないので仕方ないが体力筋力とも落ちますね。日々トレーニングは必要と痛感してます。 ()

 

勃起力改善・向上に役立つ食べ物は?

「精のつく食べ物といえば?」と問われると、何が思い浮かびますか?

ニンニク、すっぽん、うなぎ、牡蠣、卵などが有名ですよね。

この中でも最もいいとされるのが牡蠣。牡蠣は海のミルクとも呼ばれるほど栄養満点な食材で、亜鉛・グリコーゲン・タウリン・シトルリン・鉄など精力アップには欠かせない栄養素が多分に含まれています。見た目にもいかにも精がつきそうですよね!(笑)

特に亜鉛は「セックスミネラル」とも言われるほど精力増強には必要不可欠なもの。亜鉛が不足すると性機能の低下を招いてしまいますので、意識して摂取しましょう。

 

牡蠣を食べるようにした ()

亜鉛や、俗に言う精の付くものを取るようにしている。 ()

亜鉛を含んだ牡蠣や、ニンニクや銀杏などを食べたときの次の日の朝は元気になります。 ()

ニンニクと牡蠣とサプリ。定番だけど効果あります。あとはタンパク質を多めに摂るのも大事。 ()

 

亜鉛が多く含まれる食材は、ほかにうなぎ、豚レバー、牛赤身肉、いわし、きな粉、かぼちゃの種、カシューナッツなどがあります。

ただし、亜鉛は摂取しすぎもよくないといいます。過剰に摂取しすぎると体に不調が生じ、前立腺の病気になってしまうリスクも報告されているようなので、一度に大量に摂取するのではなく、適量を毎日摂取することを心がけましょう。

ほか、豊富なビタミンが含まれているブロッコリー、シトルリンが含まれているスイカ、「食べるバイアグラ」ともいわれるアスパラガス、テストステロンを増やす効果が期待できる玉ねぎ、ネバネバする食材などの名が上がっていました。

 

ブロッコリー、アボカド、サバ、茹で卵とかいいって聞いた ()

お肉を食べる、植物性タンパク質もバランス良くたべる。 ()

スイカの特に白いとこ食べると朝ギンギンに勃ててましたよ ()

アスパラガスが良いらしい ()

納豆 オクラ ネバネバ系 ()

食べ物はにんにくや生卵を食べたらかなり勃起力がいいです、あと亜鉛のサプリメントもおすすめ。 ()

生玉ねぎをたくさん食べたら、性能が向上いたします。 ()

長芋のとろろを食べて、スクワットで下半身のトレーニングをした ()

スッポンと生卵とナマコ混ぜて食べる。そしてバイアグラ服用()マジカチカチよ、カッチカチよ() ()

つべに転がってる筋トレチャンネルのトレーニングして、食事を真似る。無料動画で十分。 ()

酢酸の働きで血圧が下がって内臓脂肪も減って血液がサラサラになるというので毎日大さじ一杯お酢を摂るようにしてるんですが、飲み始めてから起ちが良くなりました。血行が良くなるのと関係してるのかもしれません。 ()

 

勃起力改善・向上に役立つサプリメント(精力剤)

日常の食事で不足しがち、または摂取が難しい栄養素を手軽に補えるサプリメント。

食べ物の項でも触れた亜鉛や精力増強剤として有名なマカのほか、シトルリン、アルギニン、クラチャイダム、オルチニンなどの名前が挙がっていました。

どれも精力を高める効果があると言われているものばかりで、勃起力の衰えで悩む男性はこれらの成分が含まれるサプリや精力剤を摂取してみましょう。

 

旦那さんには亜鉛を取るようにお願いしています。 ()

薬草サプリメント薬草はイカリソウなど ()

毎夜は必ず亜鉛を呑んでる。やはり、朝立ちが違います! ()

全く反応しなかったが、亜鉛サプリを飲み始めて、3週間でしっかりした朝立ちが復活した ()

マカと亜鉛で確実に勃起力が上がった。 ()

足りていないと思う栄養素のサプリメントを飲むこと ()

アルギニンやシトルリン、マルチビタミンなどのサプリメントを飲んでます。毎日ムラムラするし、精子も毎日大量に出るようになりました。 ()

インドの豆のサプリメントで1週間程度飲んだら精子量が増えた。 ()

サプリは色々試しています。インドネシアのが一番効果あるかな ()

ニンニク+カルダモン+マカ+葛根湯。効きますよ。 ()

セックスの半日前にはドリンクマカと栄養ドリンク ()

 

ただし、サプリ・精力剤の効果については賛否両論という印象でした。「効果を実感できた」という人もいれば「全く効果を感じられなかった」という人も

 

凄十もききめ一瞬ですよねーw ()

サプリとかいい事書いてますが、まったく効力を感じたことありません。 ()

強精サブリ飲んでますが余り効果無いです、フェラ上手な女性で思い掛け無く勃起しますよ(笑) ()

運動するのとマカやサプリメントを飲んだりしている。気休め程度だと思います。 ()

マカや亜鉛などのサプリメントは最初だけ効果あったがやっぱりバイアグラなどの薬剤が効果絶大 ()

 

精力ドリンクなど即効性を感じられやすいものもありますが、長期的にみると根底から改善を図らないと結果には繋がらなそう。サプリだけに頼るのではなく、筋トレや生活習慣改善にも力を入れつつサプリで補うという使い方が一番いいのではないかと思われます。とはいえ、筆者も亜鉛のサプリは飲むようにしていますが(笑)。

 

勃起力にいいのは毎日オナニー?それともオナ禁?

今回アンケートをとって皆様の回答をみていくと、オナニーについて「毎日オナニーした方がいい」という毎日オナニー派と、「オナ禁した方がいい」というオナ禁派の2極に分かれており、どちらも同程度の回答数があることがわかりました。

 

毎日オナニー派

毎日おなにーに限ります。一生現役。 ()

毎日欠かさずオナる事 ()

射精をたくさん普段からする事。 ()

毎日オナニーがいいのでは? ()

 

オナ禁派

自慰をしない ()

オナ禁。 ()

溜めること ()

オナニー頻度を抑える ()

 

さて、勃起力という点においてはどちらがよいのでしょう。

答えは、毎日ではなくてもオナニーはした方がいいというのが正解。

使わない筋肉はどんどん衰えていきます。日頃運動をしない人が久しぶりにランニングしてみたら、すぐに足がつったり筋肉痛になったりしますよね? それと同じでオナ禁によって使われなくなった性機能は日々衰えていき、性欲もなくなっていきます。

ただ、オナ禁が完全に悪いこととも言えないと思います。あまりにも長期間になるとよくないですが、短期間、例えば今週末の営みに備えて今日から一週間はオナ禁しようというような場合であれば、むしろプラスに働くこともあるでしょう。その間毎日エロいこと考えながら楽しく過ごせるでしょうし、楽しみすぎてまだ3日あるのにギンギンに勃起してしまったというようなこともあるでしょう。

勃起力向上につながるポイントは性機能を低下させないこと。毎日数分でも意識的にエロいことを考える時間を作り、ヌかなくても勃起させることが大事。それにより、勃起力の低下は防げます。でも、数日に1回くらいは射精もさせてあげないとダメですよ!(笑)

 

毎日一回は勃起させる!1人オナでもいいからとにかく勃起させる!40になっても朝立します。 ()

常に現役、いつでもヤれる様に、意識的に勃起させてる ()

使わないと衰えるので定期的な射精は必要 ()

貯めて行く。焦らして我慢する。抜いてから行く。どれが一番セックスでパフォーマンスを発揮できるのか研究しました。最終的に前日軽く抜いておくのが自分には合っていました。自分と対話するのが大事だと思います。 ()

 

今回は勃起力がなぜ低下するのか、向上・改善させる方法にはどんなものがあるのかをみてきました。

 

ほかにもチントレやED薬の服用などまだまだ勃起力向上・改善の方法はあります!長文になってしまったので今回はここまでにして、次回続きを掲載いたします。お楽しみに!

 

超威龍