2017年

3月

29日

威龍等の勃起薬を飲んだことがある年代の割合を調査した件

最もメジャーな勃起薬は1998年に米国で発売されたED(勃起不全)改善薬バイアグラ(シルデナフィル)であることは皆さんご存知かと思います。多くの男性にとって悩みのタネであり年齢とともに諦めざるを得ないと考えられていた勃起不全を解消する夢の薬として一躍ブームを巻き起こしました。
その後有効成分の異なるED改善薬も数多く開発され男性のみならず女性にとってもクオリティ・オブ・ライフの改善に貢献しております。シアリス・レビトラ等がそうです。そして弊社が取り扱う漢方精力剤威龍シリーズ・威龍・超威龍・新皇帝超威龍・エストレスもそれらを追随するED改善勃起薬として有名です。


こうしたED改善薬は日本ではどれくらいの割合で飲まれているのだろうか?今回は全国20〜60代男女1,500名を対象に調査を実施しましたのでご報告いたします。
その結果全体では男性は11.8%、女性は3.5%の人が「飲んだ経験あり」と回答。しかし年代別に見てみると男性で全体平均を上回ったのは50代のみ。やはり加齢が気になる年ごろのせいかはたまたバブル世代ならではの「肉食文化」か。また、「不感症改善」のために女性でも飲む人がいると言われるが、2、30代女性と60代女性は、女性全体の平均よりやや高い飲用経験率となった。
男性は50代がいちばんお盛んで以前に複数回行なった調査では「1ヶ月以内に性行為をした割合」がもっとも高かったのは男性ではつねに50代。若者よりお金と時間に余裕があり、さらに薬によってEDの心配もないとしたらたしかに50代オトコは最強かもしれない。こうした時代の変化もまた、医学の進歩の結果と言えるだろう。

威龍
威龍
威龍エージェンシー
威龍はてなブログ