超威龍トピックス/なぜ夏になるとEDに悩む男性が増えるのか?

いよいよ夏本番間近。「今年は彼女と海に行こう」などと意気込む男性もいるだろうが、その一方で、夏が近づくと下半身に悩みを抱える人も増えるのだという。ED治療の権威であるクリニックの院長は「夏場になるにつれて、若い方からのED治療の相談件数は増える傾向にある」と話す。

「当院の場合、20代の方も多く相談に訪れます。例えば大学生。大学に入って彼女ができたのはいいけれど、『いざ性行為になったときにうまくいくのか?』と不安になったり、または性行為したけどうまく勃起できず、『次も同じだったらどうしよう』と来院される。そういった方の場合、心因性のEDに陥っているケースばかりです」

 EDは主に「心因性(精神的なストレスから発症)」と「器質性(身体的な問題から発症)」の2つに大別される。血管にまつわる疾患などの要因があまりない若い世代の場合、主に前者の心因性EDになることが多いのだ。

「性行為をする際に、緊張感やプレッシャーを感じてうまく勃起できなくなってしまうわけです。ただ、そういった症状は服薬によって改善できます。現在、威龍エージェンシーで取り扱っているED漢方治療薬は3タイプありますが、そういった方に私が薦めるのは、薬効が長く続く(約36時間)タイプの「新皇帝超威龍」ですね。なぜなら、緊張感がベースでEDを起こす状況において、効果持続時間が長いことは安心感に繋がるからです」

 性行為に至るまでには、デートをしたり、一緒にご飯を食べたりとプロセスがあることが普通だろう。そんななかで「ホテルに行く前のどこかで薬をコッソリ飲まなきゃ」、「効き目があと数時間だから、早くホテルへ行かなくちゃ!」などと焦ると、結果的にプレッシャーを感じて、勃起にマイナス作用が働いてしまうのだ。

「長時間効くタイプなら、デートの前から飲んでおけるし、効果が食事の影響を受けないタイプならより安心ですよ。ちなみに、ED治療薬は基本的に血の巡りをよくする作用だけで強制的に勃起させるものではないので、『普通に仕事をしているだけなのになぜ!?』なんて状況にはならないと思います(笑)。若い方は50~60代の人と比べても、元気なのが当たり前という認識が強いぶん、『なんでオレだけダメなんだ』という悩みが深くなってしまいます。年齢の近い友人にもなかなか相談できないし、その悩みからまた症状が深刻になってしまうという悪循環に陥る」

 薬を飲んでいることを忘れるくらいの安心感を得られるので、満足のいくナイトライフも送れるというわけですね。威龍シリーズの「新皇帝超威龍」は威龍エージェンシーが個人輸入代行いたします。

人気ブログランキングへ