早漏は威龍ジェルで解消して威龍・超威龍で回数をこなす。

江戸時代の早漏対策は「蟻の門渡り」を押さえることにあり!?

性の文化が花盛りだった江戸時代。さまざまな性に関する工夫があったようだ。たとえば、江戸時代の性指南書『好色旅枕』によると、射精を遅らせる鍵は

「蟻の門渡り」だという。 んっ!?どーゆーこと?

発射しそうになったら、蟻の門渡り(肛門と陰嚢の間)を中指で押さえよ、と説き、また、左の人差し指で睾丸の根元を押さえ、両足の親指を強く反らして10回ほど呼吸をしても、射精を止めることができる、と解説している。

そんなんでほんとに効くの??今なら威龍ジェルをサッと塗布すればOKなのにね

また、江戸時代は一流絵師たちが競いあって春画や艶本を描き、豊かな性文化を形成した。性指南書『房内経戯草』によると、女性の陰部には48の名があるという。良い名は、「しほいずみ」(皺泉)、「りんゑのごう」(輪廻刧)、「てんやくのすけ」(典薬助)、「ちごのて」(稚児手)、「みずはじき」(水弾)、「さこめ」(小籠)など。悪い名は、「すぎばり」(杉針)、「あしのよ」(葦節)、「ふるせ」(旧瀬)、「にもちゐ」(似餅)、「ひきめ」(蟇目)など。

そして、江戸時代の人々は西洋的な性意識に縛られていなかったために、生活に根付いた色事の文学である浮世草子や、男女の性愛を活写した春画に記された書き入れなどを男女の隔てなくおおっぴらに愉しんでいた。そんな時代の性指南書は、女性器の鑑別や品定めが必須事項でもあった。『好色訓蒙図彙』によると、良い女性器の陰毛は「ラッコの皮」だという。

江戸時代にラッコですか....いたの??

上開(良い女性器)の陰毛は濃すぎず薄すぎず、やわやわと柔和であり、猟虎(らっこ)の皮を想像させるばかりである。「猟虎の皮」は、手で撫でるとその方向になびくといわれる。へぇ~ラッコってそんな字書くんだ~

その時代の女性はSEXにたいしてかなり要求が激しかったそうです。

江戸時代の男性はきっと大変だったんでしょうね。

その時代に威龍ジェルと威龍や超威龍があればよかったのにねぇ。

 

※週刊ポスト

威龍
威龍
威龍
威龍ジェル

威龍
人気ブログランキングへ