媚薬(philtra; philtrum)・催淫薬(aphrodisiac)について

媚薬(philtra; philtrum)を辞書で調べても、「ほれ薬」のひと言ですし、催淫薬(aphrodisiac)を専門書で調べても「性欲を刺激したり促進する薬剤」という説明で片づけられています。

「安価で簡単、お手軽に未知の性的快感を得たい。」

「自分に振り向いてくれない意中の人を自分の虜にしたい。」

「女性がセックスしたくなる薬を意中の女性に飲ませたい。」

「最近、求めて来なくなった夫や彼が求めて来る薬を飲ませたい。」

「素質と努力だけでは得られない、高い性的快感が欲しい。」

媚薬を求める多くの人は、このような「禁断の願望」を満たしてくれる薬を求めているのではないでしょうか?そして「手軽で安全、より効果的で安価なもの」をお探しになっていませんか?

最近は「媚薬」で検索すると、違法・脱法行為の怪しげな通販サイトが多数ヒットして、国内法では明らかに非合法となる商品が販売されており、特に「女性向けの媚薬」が多く喧伝されていますが、私どもは相容れない立場です

1.合法的で安全な天然の媚薬

合法的で安全な天然の「媚薬」「催淫薬」は、男女にかかわらず、あなたご自身の体内で産生している「テストステロン」です。
テストステロンは、体内で産生される最も活性の高い男性ホルモンと言われています。性欲を亢進し、異性を惹きつける体臭フェロモンを発散して、あなたの積極性や性衝動を高め、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を促して、勃起を促すと言われています。今風に表現すれば「肉食系」になる作用と言えましょう。

あなたが男性ならば、思春期からの数年間を思い出していただけますでしょうか。「ささいな刺激で直ぐにセックスを連想して勃起する。」「オナニーに耽ってしまう。」「女性を求めてナンパをしたくなる。」「女性とのベッドインに手練手管を講じる。」等々・・・、現れ方は人それぞれでしょうが、「あの頃の、あの感覚」がテストステロンの最も典型的な催淫作用のようです。

一方、女性の体内でもテストステロンは分泌していますが、女性のトップアスリートの中には肉食系の噂が絶えない選手がいるようです。鍛え抜いた肉体ですから、自ずと人並み以上のテストステロンが分泌されて肉食系になるのは理にかなっていると思います。健康的な生活習慣を保ち、身体を鍛え抜くことが、男性に限らず女性にとって最も合理的で合法的な媚薬になるはずです。


2.ストレスや抑うつ状態で性的な気分になれない人

軽度のストレスや、更年期の不定愁訴で抑うつ的な状態の人には、テストステロンの不足が考えられます。ストレスが引き金になってテストステロンの分泌を急激に減少させたと思われます。
ですから、ストレスを発散したり、ストレスの源となる問題を解決するのが解決の本質と思われます。
しかしながら、結果的なテストステロンの分泌不足に対しては、テストステロンの補充が直接的な対応方法になります。ただし、重度の抑うつで医師を受診している人、医師の処方で抗うつ薬の処方を受けている人は、抗うつ薬の副作用が考えられますから、主治医の先生と良くご相談なさることを強くお勧め致します。

3.健康で、性欲や性感もあるが、それをさらに高めたい人

 

本人の意思にかかわらず、性的興奮状態にさせるような化学物質
「合法的で安全なもの」は、ありません。なぜなら、そのような化学物質は向精神薬や麻薬、覚せい剤になってしまうからです。非合法であったとしても、安全なものは無さそうです。

もし「合法、安全で効果があった」とおっしゃる人がいるなら、それが事実だとしても「プラセボ効果」と思われます。すなわち、成分そのものの作用というより、効果に対する期待感や直接関係の無い影響(動悸や心拍数の変化など)で、自分自身の性的興奮を高めてしまったのです。ご本人が満足するなら、プラセボ効果は最も安全と言えますが、誰もがいつも同じように効くとは限りません。


4.「バイアグラ」「レビトラ」やに催淫作用はありますか?

ED(勃起不全)特効薬と言われている「バイアグラ」や「レビトラ」「シアリス」といったPDE5阻害薬、結論から申しますと、どれも「皆さんが期待するような」催淫作用はありません。

これらの薬剤をご使用になって、「催淫作用があった」とおっしゃる方は、血圧や心拍数の変動や勃起の効果を実感して性的に興奮した、と言えましょう。敢えて申しますと、性機能の自信を取り戻した結果、性欲や性的興奮が後から高まった、と思われます。

全く性的刺激がなく、性的な気分でない時にバイアグラやシアリスを服用しても、意識しない限り性的な気分にはなりません。また、(かなり難しいことですが、)性的な意識を完全に忘れている間に、意に反して勝手に勃起することもありません。少し鼓動が高まり、顔が紅潮するだけです。もちろん、これらの薬剤が効いている間に性的な想像をしたり性的刺激を与えれば、中等度と思われるEDは見事に回復します。

一方、威龍シリーズにも「皇帝超威龍」「女龍」などに配合されている西洋近代医学最古の性機能治療薬「ヨヒンビン」。「ヨヒンビン」は、薬学の専門書には「催淫剤」と書かれていますし、ヨヒンビンを知る人の多くは「催淫剤」と認識していらっしゃいます。性欲そのものを亢進させるかどうかは個人差がありますが、近年のヨヒンビン研究によると、ヨヒンビンの作用は、交感神経α2受容体の遮断作用や、セロトニンに対する拮抗作用と言われており、これらの作用が直接、性欲を亢進させる可能性があると考えられているようです。

追記しますと、近年は女性の性欲障害にテストステロンの補充が検討されています。

威龍
人気ブログランキングへ