男性ホルモン値を上げる漢方薬がある!!

最近ストレスを感じていて、やる気が出ない。

そういうときは、男性ホルモン値が下がっていて、うつを引き起こすホルモン値が上昇している状態です。

まずはストレスを解消することが大切ですが、なかなか時間が取れないなど、さまざまな理由で対処できないことも多いかと思います。そんな時、摂取するだけでやる気を取り戻すことができる漢方薬があるという。

その漢方薬とは・・・・・・?

 

”補中益気湯(ホチュウエツキトウ)”でテストステロン値が上がる!

ストレスが溜まったときなど、男性ホルモンの濃度が落ちてしまった場合に、まずは食事で男性ホルモン値を上昇させることができる。

男性ホルモンを増やせる食品とは、人の体内では作ることができない必須アミノ酸のバランスがよい食品のこと。

例えば、脂身のない牛ロース肉や鶏むね肉、鶏レバーなどがその一例。

昔から精が付くと言われている食品にその効果が高い。

漢方薬でお薦めなのが、「補中益気湯」!! 

調査によると"テストステロン"値が上昇し、"コルチゾール"が下がることが明らかになっています。

極端に男性ホルモンが下がっている状態でなければ漢方薬で対応できます。

さらに、アボガドやニンニク、ウコン、などを含んだ食材や「マカ」などのサプリメントを積極的に摂ることで、

男性ホルモン値を上昇させよい効果を得ることができます。

最近"TPP"問題でストレスを抱えてる野田総理にも「ストレスでやる気が出ない」なんてことのないよう、

APECでHawaiiに行ってる間も食事には気を使っていただきたいものです。